大祭

平成30年開教記念祭が執り行われる

2月11日、神霊教の聖地・万寿山(東京都あきる野市)をはじめ、札幌、名古屋、大阪の各教会で、開教記念祭が執り行われました。風の無い、穏やかな天候に恵まれ、多くの信者が参集しました。午前中の厳かな御式典ののち、お昼にはうどんやカレー、焼き芋などの温かい昼食をいただきました。昼食後、神霊教の貴重な記録映像の上映などが行われました。そして、青年有志による奉祝太鼓の奉納や、参列者全員による阿波踊りが奉納されました。お問い合わせはこちら ⇒ ⇒ 神霊教公式Web
大祭

平成30年新年祭が執り行われる

1月3日、本部教会をはじめ、札幌、松本、名古屋、大阪の各教会で新年祭が厳かに執り行われました。本部教会のある東京都港区は、穏やかな天候に恵まれました。信者の皆さんは、新年を迎えた喜びの笑顔で挨拶を交わしていました。新年に際し、新たな気持ちで式典に臨みました。
イベント

『天分発揮で楽しく生きる―運がいい人ってどんな人?―』

12月9日、AP渋谷道玄坂・渋東シネタワーにて、『天分発揮で楽しく生きる―運がいい人ってどんな人?―』が開催されました。来場者は、神霊教の信仰でいただいた体験の話を聞きました。悩み、質問、素朴な疑問、神霊教の信仰についてなど、様々な話が飛び交っていました。今回も3人のスピーチが行われました。来場者は、中身の濃い体験談に興味深く聞き入っていたり、ときには笑いがあふれ、充実したイベントとなりました。
明けゆく世界大行進

明けゆく世界大行進in新宿

11月19日、明けゆく世界大行進が新宿で行われました。「祝日には日の丸を掲げよう」「日本精神に目覚めよう」「憲法改正」などが書かれたプラカードと横断幕を持ち、新宿駅西口の前や南口の前などを進みました。すっきりとした空気の澄んだ天候で、歩くにはちょうど良い気温の中、鼓笛隊の先導で日の丸を掲げ、新宿の街を歩きました。
大祭

平成29年秋季大祭が執り行われる

11月3日、神霊教の聖地・万寿山(東京都あきる野市)と、札幌、名古屋、大阪の各教会にて、秋季大祭が執り行われました。万寿山は鮮やかな紅葉で彩られています。暖かく、秋晴れの爽やかな天候に恵まれ、多くの信者が万寿山に参集しました。厳粛な御式典の後、参列者はカレーやうどんなどの温かい昼食をいただきました。毎回、ここは長蛇の列となりますが、これは何の列でしょう?正解は、青年有志による焼き芋でした!寒い時期の大祭のみ行われています。毎回すぐに売り切れてしまうほどの人気です。昼食後は、開教70周年を振り返る映像、青年たちによる活動発表が行われました。そして、青年有志による奉祝太鼓の奉納、参列者全員による阿波踊りが奉納され、滞りなく納められました。お問い合わせはこちら ⇒ 神霊教公式Web
イベント

『浜Cafe』開催

10月1日、AP横浜駅西口にて、『浜Cafe』が開催されました。天候に恵まれ、絶好のイベント日和でした。社会福祉士で医療コンサルタントの山崎宏氏を招き、現在の日本の医療や認知症をはじめとする、高齢者の問題について、老後をいきいきと過ごすためのヒントの発表がありました。午後からは、仕事で多くの体験をされた方のスピーチもあり、来場者は熱心な表情で聞き入っていました。今回も大変多くの方にご来場いただきました。それぞれのテーブルでは、来場者の悩みや質問に答え、和やかな雰囲気の体験発表会となりました。
行事

平成29年霊祭が執り行われる

8月11日、神霊教の聖地・万寿山(東京都あきる野市)にて、先祖供養の行事である霊祭(みたままつり)が執り行われました。先祖の供養のため、全国から多くの信者が参集しました。昨年から、8月11日は「山の日」という祝日に制定され、仕事をもっている信者の参列がしやすくなりました。霊祭直前まで雨が続きましたが、当日は、式典中は雨があがり気温もさほど高くなく、過ごしやすい気候でした。御式典は厳かに執り行われ、参列者は、先祖の霊が救われるよう一心に御神語を奉唱しました。
大祭

平成29年教母様御誕生祭が執り行われる

6月25日、神霊教の聖地・万寿山(東京都あきる野市)と、札幌、名古屋、大阪の各教会にて、教母様御誕生祭が執り行われました。天気予報を覆し、雨に降られることなく過ごしやすい気温となりました。厳粛な御式典の後、祝宴が行われました。そして、和太鼓や踊りなど様々な芸能が奉納されました。また、お囃子に合わせて参列者全員による阿波踊りの奉納も行われました。お問い合わせはこちら ⇒ 神霊教公式Web
NO IMAGE 大祭

平成29年教祖様御生誕祭が執り行われる【5月4日】

5月4日、教祖様御生誕祭・奉祝行事第2部と第3部が執り行われました。5月2日前夜祭の様子はこちらから ⇒ 平成29年教祖様御生誕祭・前夜祭5月3日の様子はこちらから ⇒ 平成29年教祖様御生誕祭【5月3日】大祭の期間中、素晴らしい天候のお恵みをいただき、4日も過ごしやすい晴天となりました。午前中の第2部では、開教70周年を記念して制作され、教祖様の御事蹟をまとめた「実証の超宗教」が上映されました。その後、教祖様の御講演会に参加して、その場で奇蹟を体験した信者による体験発表が行われました。午後からは奉祝行事第3部が行われ、全国各支部や地区による阿波踊りの奉納が行われました。教祖様の御郷里である徳島にちなんで、大祭では阿波踊りを奉納します。また、お囃子に合わせて参列者全員による阿波踊りが奉納されました。3日に引き続き、午前中と奉祝行事終了後に、境内をめぐるツアーが開催されました。そして、夕方より納祭が行われました。こうして、平成29年開教70周年教祖様御生誕祭は、滞りなくおさめられました。⇒5月2日前夜祭へ⇒5月3日へお問い合わせはこちらから ⇒ 神霊教公式Web
大祭

平成29年教祖様御生誕祭が執り行われる【5月3日】

5月3日、教祖様御生誕祭・御式典と奉祝行事第1部が執り行われました。5月2日前夜祭の様子はこちらから ⇒ 平成29年教祖様御生誕祭・前夜祭開教70周年という節目の年にあたり、とても爽やかな天候に恵まれ、全国各地から大勢の信者が万寿山に参集しました。午前中はバザーが開催され、信者はうどんやカレー、おにぎり、サンドイッチなどの昼食をいただきました。また、今年も全国各地の土産物や、地元・あきる野市菅生の特産品が販売されました。御式典前に鼓笛隊、旗手隊による行進が行われました。式典後には、万寿山境内をめぐるツアーが、青年たちのガイド付きで開催され、多くの信者が教祖様の御事蹟についての理解を深めていました。夕方からは、奉祝行事第一部が行われました。毎年恒例の鏡開きも行われ、信者に樽酒が振舞われました。全国の青年有志による奉祝太鼓や御神輿、女性有志による踊りが奉納されました。奉祝芸能の後、夜には盛大な奉祝花火大会が開催されました。本年は、例年よりも多く打ち上げられ、美しい花火が夜空を彩りました。⇒5月2日前夜祭へ⇒5月4日へお問い合わせはこちらから ⇒ 神霊教公式Web